牛をひく

牛をひく

2019年から鹿野を歩き、ここに住む人々の声を集めながら進めてきたフィールドワーク。その体験から得たインスピレーションを元に制作されたのが今回の作品です。鹿野町の3つのエリア(鹿野、勝谷、小鷲川)の歴史をひも解きながら、密接に結び付いた生活経済圏のつながりと変遷を映像化。城下町の「しかの心」をメイン会場に他エリアでの上映も行われます。

※上映作品は各エリアとも同様のものとなります。メイン会場のしかの心には映像作品以外の資料なども展示しています。

山本晶大

山本晶大

1988年高知県生まれ。尾道市立大学芸術文化学部美術学科卒業。その後ベルリンで現代アートに携わり、現在は岡山県在住。家や空間を主な対象として、インスタレーションなどの作品制作やリノベーションなどを行う。


EVENT

  • アーティストトーク: 11月21日(月) 13:00- ▶︎しかの心
  • 上映会&果樹の里山ピザ: 11月23日(水・祝) 11:00-15:00 ▶︎里山BASE
  • 作品上映:開催期間中 ▶︎道の駅 気楽里 ビジョン

詳細はこちら


開催レポート

  • coming soon...

|主 催|鹿野芸術祭実行委員会、
西いなば工芸・アート村推進事業実行委員会
|共 催|鳥取県
|助 成|鳥取県
令和4年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業
令和4年度鳥取県工芸・アート村推進事業
エネルギア文化・スポーツ財団
ごうぎん文化振興財団助成事業

文化庁ロゴ エネルギアロゴ

FOLLOW US/shikanoart.com